SQWカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS ファウムの言葉

<<   作成日時 : 2005/11/23 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あまりに更新しないと、忘れられてしまいそうなので、少しでも書きます。これでとにかく1週間に1度は書いてるぞぉ。

今朝は10時から、ソウルのファウムチェンバーオーケストラのリハーサルでした。ホールでは別のコンサートが入っていたので、スクエア内にある晴海区民館をお借りしました。

で、おなじみ(といっても2度目ですが)ファウムのリハーサルが始まりました。

弦楽四重奏団は、始終相談と、やくたいもないオヤジギャグをとばしましたけれど、この弦楽アンサンブルも、ほんとに始終相談。数小節弾いては、おまえが遅いの、ここはあんたのテンポがたるいの、あたしとあなたの音程、ぴっちり合わせないと絶対ここはおかしいの、相当に言いたい放題。
で、言いたい放題言った後に、同じフレーズを弾くと、これが、驚くほど決まる!
議論を重ねて音楽をつくる、というのはこういうことなんです、というお手本のようです。

で、韓国のグループなのに、なぜ、韓国語の出来ない私でも会話の内容がわかるのか、といえば、彼らはこの議論を全部英語でやっているのです。
ドイツ人、およびドイツに住んでる日本人が加わっていることもあって、お互い共通語を、英語にしているのです。韓国人メンバーもそれぞれのメンバーの略歴を見ると、たいていはドイツかアメリカに留学している。あっちで、議論が出来るくらいの英語は身に付けているのです。

この言語が議論することを前提としている言葉だからなんでしょうかね。曖昧なことを曖昧なままにしておくことの出来ない言語でリハーサルすることで、音楽の細部を詰めていく。

日本人だけのグループで、こういう白熱した議論を交わして音楽を作っていくところを余り見たことがないので、かなり新鮮でした。

議論と音楽。音楽は対話だ、ってことなんでしょうかねぇ。

明日19:15から本番です。口角に泡とばして作った音楽の、仕上がりをお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファウムの言葉 SQWカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる