SQWカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS もったいなーい

<<   作成日時 : 2005/11/26 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

という言葉が、国連の大きな会議場に響く瞬間をテレビで見ました。

世界の資源を無駄なく使っていく、消費と浪費をはき違えないためのキャンペーンの標語が、日本語の「もったいなーい」だという話もその後伝わってきました。

まだ使える、まだ活かせる、だから捨てないでとっておこう。とっておいて、別の用途に使おう。
もったいない、をくどく説明するとそうなるのかな。

こんなにいいものなのに、こんなに使えるものなのに、活用されていない、という意味もあるかな。

確かに、なんと含蓄ある言葉でしょう。その含蓄を再発見してくれた他国の方に感謝です。

で、一昨日の木曜の晩、ファウムチェンバーオーケストラのコンサートが終わって、「ああ、もったいない、こういう『へえ、お隣の国の人たちはこんなふうに演奏するんだ』という発見のあるコンサートに、これだけの人しか来てくれないのか…」という気持ちで、ちょっと落ち込み気味に月島の裏道を歩いていました(ほんと、「クラシックはヨーロッパ人しか、云々」なんて議論は前世紀の遺物であることを実感できる、さわやかな演奏会だったんですよ…)。

レセプションで食べそびれたなんとなく中途半端に空いたお腹をどうしようかと思っても、時計はもう23時を回っている。
「この辺ははやいからねえ…」とぶつぶつ言っているKディレクターに、あそこは?ここは?もージョナサンしかないよ!と提案するも、ぶつぶつつぶやき続けるだけ。

ふと、この夏頃から工事が入っていた、ふるーい防火住宅が、最近ちょっとした飲み屋になって開店したのを思い出しました。家からトリトンまで自転車で走る時の通勤路の裏道で、え、こんなところじゃ誰も気がつかないなあ、という一画です。まだまだ古い長屋も残っているところなのですが、だんだんと人の住まない家もでてきて、なんとなく、淋しいあたり…

まだ開いているかなあと思いつつ、歩いていくと、その店の前にだけ、道路に明かりが洩れています。

「まだ、いいですかぁ」「どうぞぉ」
「まだたべるものありますかぁ」「肉じゃがとか、ご飯もありますよぉ」

先客は一人。女将の息子の知り合いらしい。

カウンターにちょこんと席をとって、K氏は肉じゃが、私は和製ポトフ。ほんのちょっとだけお酒を飲んだら、長かった一日の疲れがどっとでてきてしまいました。とはいえ、おうちまでは、もう歩いて5分もかかりません。K氏もすぐそこの月島駅からほんの2駅先に戻るだけ。昔はこんな時間から、それぞれお茶の水から調布と入間へ帰っていたんだから、タフだったといえばタフだったんだなあ…

この家は昭和2年(1927年ですね)の建物だそうで、今回手を入れるときに、なるべく昔の姿に戻そうとしたそうです。ただ、1階はペットショップになっていたこともあって、完全改装が必要だったとか。2階は倉庫になっていたおかげで、かなり当時のままにできた…(ただし、こちらはまだ未公開とのこと。もう少し仲良くなったら、見せてと頼もうかな…)。

女将はこの辺にずっとお住まいの人。で、イタリアへいったとき、ふるーい建物がそのままに残り、その中で今も上手に生活している人たちを見て、いいなあ、と思った由。月島界隈から次々と消えていく古いたたずまいの平屋を「ああ、もったいない」と思ってみていたそうです。

「またきまーす」時計が12時を回る前にお暇し、外にでれば、そこは黒く沈んだ長屋が連なる月島のはずれ。「あたり!」とご満悦のKディレクター。私のお店探しの勘は昔からよかったでしょ?

ちょっと隠れ家風なので、本当は紹介したくないけれど、このお店がつぶれてしまっても,、それこそ「もったいなーい」なので、ここに書くことにしました。

楽々(らくら)、というお店です。真夜中0時までは開けていますとのこと。
日曜定休。3531−7722。
トリトンスクエアから月島駅の方へ帰る方には、コンサート帰りのいい気持ちをさらによくしてくれること間違いなし。お腹いっぱい食べるのにはむかないけれど、お酒をちょっと、おいしい手料理をちょっと、ならば、お財布にもいい感じです。
晴月橋を渡って、最初の角を右へ。そのまままっすぐ歩いていってください。朝潮橋から来る道も越えて、まだまだ行くと、やがて右前方に道路に明かりが洩れているのが見えてきます。この道がどんづまりになるところまで、もう100メートルもないあたりです。
月島駅までもう歩いて数分のところまで来ています。

女将の手料理系がメイン。最初は女性専用にしようと思っていた由(「だって、女がひとり、ふらっと飲みに入れる場所ってそんなにないでしょ、特にこの界隈は…」)。

ミロQをホテルに返したら、またふらっと寄ってみようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
年明けに一念発起、できる限り毎日、門前仲町からトリトンまで歩いて通勤している者です。
「楽々」さんは道々見つけてとても気になっていたのですが、やっぱり素敵なお店のようですね。
今度いってみよ。

おじゃましました。
kaji_ya
2006/01/31 08:56
いらっしゃいませ。お返事遅れてすみません。
「楽々」も最近は少しづつ常連さんも増えてきたみたいです。でも、やっぱりお客さん、少ないのかな。時々女将さんが外へ出て、所在なさげにしている姿が遠くに見えることがあります。毎日は行けないし、ごめーん、と、遠くからあやまってます。
最近おいしい焼酎のラインアップも増えたし、灯りの具合も良い感じになってます。
ちょこっと、リラックスにぜひどーぞ。門仲までの道がきっと近くなりますよ。
Minochan
2006/02/05 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
もったいなーい SQWカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる