SQWカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS クァルテット・ウィークエンドフェスタ 開幕、です

<<   作成日時 : 2008/05/30 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ほんとーに、毎回のことながら、全く更新せずに大変ご無沙汰しています。
 1月にNYにいたときには、「今年こそ…」と思っていましたが、やはり、三日も続かぬ坊主となり果て、そうこうするうちに、身辺いろいろおおきな変化も起きてしまい、うろうろしているうちに、そうです、クァルテット・ウィークエンドフェスタが本日から始まります。

 水曜日(ウェンズデイ)を週末(ウィークエンド)に移して、一年に一度は、小音楽祭で弦楽四重奏をやってみよう…という、いわばリニューアルオープンの初日です。

 詳しいことはトリトン・アーツ・ネットワークのHPをご覧ください。

 http://www.triton-arts.net

 6日間のコンサートをぜーんぶ聴くと、とりあえず、弦楽四重奏が生まれてからこの方の、おおまかなトレンドが見えてくる作りになっています。
 
 ボロメーオ・ストリング・クァルテットのニコラス・キッチン氏の「史観」とでもいうような内容ですけれど、彼に限らず、SQには各団体もれなく、こういう「碩学」がいます。
 過去に出演した団体でいえば、第1回に登場して、その後ベートーヴェンの作品18一気弾きをやったミロQならば、ヴィオラのジョン・ラージェス。考古学の勉強をしていた彼の博学ぶりは、もー、舌を巻きます。
 パシフィカQは、二人いて、チェロのブランドン・ヴェイモスと第2ヴァイオリンのシッビ・バーンハートソンが口角泡飛ばしての議論がすごい。
 カルミナQも、第1ヴァイオリンのマティアス・エンデルレとチェロのシュテファン・ゲルナーの、音楽上の解釈を巡るつかみ合いは静かな戦いながら迫力があります。
 
 こういう知恵者のいるアーティスト集団ならば、がっちりきっちり、テーマをもった演奏会シリーズをやってくれるだろう…と思って始めたのがこのフェスタです。

 さてさて、第1回目はどうなりますことやら。いつものことながら、お席は売るほどあります!お時間があれば、ぜひ晴海へ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クァルテット・ウィークエンドフェスタ 開幕、です SQWカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる